アイリストの資格ってどんなだろう?

アイリストの資格ってどんなだろう? - 美容のお仕事と求人NAVI

美容のお仕事と求人NAVI

アイリストの資格ってどんなだろう?

アイリストになるためには国家資格などはなく、民間の検定や認定試験を受けることになります。
アイリスト協会にもいくつかありますが、その中でも大きいものがアイリスト技能検定を主催している「日本アイリスト協会」です。全国に認定サロン・加盟店がありますのでお住まいの近くを探してみてください。
店舗によって1日体験コースがあったり、就職のフォローアップをしてくれることもあります。

アイリストの資格ってどんなだろう?

またセミナーなどには積極的に参加しましょう。
まずはアイリスト技能検定に合格するために勉強しましょう。
技能検定には筆記と実技があります。実技では実際にモデルになってくれる人を自分で探してこなければなりません。
まつ毛エクステは、付けやすいまつ毛と付けにくいまつ毛があるのでモデルになってもらう人の選考も重要になってきます。

筆記試験では医学的な知識、衛生面やトラブル、アフターケアなどについても出題されます。
1級と2級があり、2級が合格しなければ1級は受験できません。
試験日は開催地によって異なりますが、年におよそ3~4回でしたが、受験者が急増しているため実施を増やすようになっているのが現状です。
試験に合格することだけを目的とせず、技術・知識、そして安全性を重視した、最低限必要とされる技術力、知識力を優先として協会では2級検定を優先的に実施しています。
1級はその上の段階のアート的なアレンジ技術や知識の試験となっています。
アイリストの今後の成長に期待したいものです。